初めての方へ
スプリングスレッド手術動画
眉下切開手術動画
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
胸の刺青・タトゥー切除のモニター写真を見ていて
いつも思うのですが、

豆粒のような小さな刺青やタトゥーでない限り、
切除をおこなうと、
乳首の位置が絶対に100%変になっているはずです。

立位(立った状態)で左右の乳首を
比べることができる写真以外は見てはいけません。
ある意味、ウソですから。

ニップレスを貼っている写真も要注意です。
乳首の向きが全然違っているため
ニップレスを貼って隠しているに決まっています。

刺青除去・刺青切除の世界というものは、
100%疑ってかかった方が良いといえるでしょう。

なにせ・・
だまされると取り返しがつきません・・
皮膚が伸びて乳首が戻るはウソですから
皮膚は伸びませんから
一生地獄ですから・・・

もちろん、形成外科出身の先生方は当然、
乳輪・乳頭と逆側を広く剥離したり
さまざまな工夫をしていると言えますが、

乳房では乳輪・乳頭に近いほど皮膚や組織が柔らかく
わざわざ乳輪・乳頭は非常に移動しやすくできています。

このことは乳房再建などで
形成外科医は痛感していると言えます。

乳がん切除後の乳房再建などでは、
わざわざ他の部位から組織を移動して
乳首が移動しないようにしているのに
刺青・タトゥー切除ではなぜそうしないのでしょうか?

「がんの人は病気なのでかわいそう。
刺青やタトゥーは自分でわざわざ入れたので自業自得。
どんな目に遭おうとも自己責任」

とでも思っているのでしょうか?
そのような考えの医者に
わざわざ刺青を取ってもらいたい患者さんって
絶対にいないと思います。

DSCN0539.jpg
紫陽花の季節もそろそろ。
a
たるみ・法令線
刺青除去
まぶたのたるみ
目の美容外科
傷跡修正
未分類
たるみ治療Dr境のブログ
公式サイト
ご質問・お問い合わせ

プロフィール

境 隆博(たかひろ)

Author:境 隆博(たかひろ)
六本木境クリニック 院長
形成外科専門医 元熱傷専門医 美容外科医
○ 形成外科学会専門医
○ アンチエイジング外科学会評議員
○ 美容外科学会(JSAPS)正会員
○ 美容外科学会(JSAS)正会員
○ フェザーリフト研究会
【得意な施術】
 刺青除去
 まぶたのたるみ治療
 顔のたるみ治療 

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。