初めての方へ
スプリングスレッド手術動画
眉下切開手術動画
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「刺青削皮は、一度に広い範囲におこなうとリスクが高く、
皮膚が落ち着くのに数か月単位で時間がかかる。
そのため、刺青削皮は治療期間が非常に長い」
という意見もあります。

しかし、実際には、
上手く削った場合、2週間で上皮化し、
2週間おきに治療が可能ですから、
背中一杯や刺青がたくさん入っている人でも
半年くらいで一段落します。
本来はハイペースの治療と言えるでしょう。

そのような結果にならない刺青削皮は、
はっきり言って失敗といえるかもしれません・・

刺青削皮は他のどのような治療よりも
圧倒的に治療期間が早い治療なのです。

ちなみに削皮の手術時間が早いのは完全に手抜きで
1回の削皮手術が3時間以上
というのが普通というほど時間がかかります。

広めの刺青に切除やレーザー治療を受けた場合、
先が見えないものです。

「数年がかりで4回切除を受けたけど
大きな傷跡が残っただけで、刺青がまだまだ残っている」

「レーザーを数年間で20回受けた。
最初のころは薄くなったけど、横ばいになったように感じる・・
凸凹に盛り上がって痒い・・

このように「先が見えない」という相談を受けていると、
刺青削皮が本当に理にかなっていて、
早い治療であるとますます確信いたします。

2週間という治癒期間を強調しない医師の刺青削皮は、
創傷治癒ややけどの治療などの基本的な知識が欠落しているため
100%ケロイド状の結果しかないでしょう。

それだけでなく、命の危険さえあります。
絶対に受けてはいけません。

DSCN0662.jpg
世田谷の木々。
a
たるみ・法令線
刺青除去
まぶたのたるみ
目の美容外科
傷跡修正
未分類
たるみ治療Dr境のブログ
公式サイト
ご質問・お問い合わせ

プロフィール

境 隆博(たかひろ)

Author:境 隆博(たかひろ)
六本木境クリニック 院長
形成外科専門医 元熱傷専門医 美容外科医
○ 形成外科学会専門医
○ アンチエイジング外科学会評議員
○ 美容外科学会(JSAPS)正会員
○ 美容外科学会(JSAS)正会員
○ フェザーリフト研究会
【得意な施術】
 刺青除去
 まぶたのたるみ治療
 顔のたるみ治療 

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。